カフェ&ワイン ダンス
 ■オーストラリア編
   2006年8月
   マーガレットリバー
2005年9月 ヤラバレー
2003年11月 ヤラバレー
2003年2月 ヤラバレー
 ■パリ編

=お問い合わせ=
TEL:03-3468-3471
 
 ワイン紀行
 
  ■パリ編 
  
 2002年11月以降にパリを訪問した際に訪れたレストランを紹介します。
ミシェランの星付きはその時点でわかる限り明記しました。料金は二人でそのレストランの中級ワイン1本飲んだ時の食事一人分目安です。星は5段階評価をしていますが、あくまでも個人的見解です。
 
名称 Le Bistrot du Sommelier
レ・ビストロ・ドゥ・ソムリエ
住所等 97 Bd Haussmann (メトロSt-Augustin から徒歩5分)
Tel 01-42-65-24-85
営業時間 12:00-14:30, 19:30-22:00
業態 高級なビストロ
備考
 この店のオーナーは、1992年の世界No1ソムリエのフィリップ・フォールブラック氏。彼自身が店に出ていて、お客さん全員に挨拶して回るなど和やかな雰囲気。日本人ソムリエもいて親切。私たちが日本でワインバーをやっていると言ったら、わざわざ店のメニューにフォールブラック氏のサインを入れたものをプレゼントしてくれた。ただしギャルソンのフランス人はあまり・・・、まあこの店に限ったことではないのだが・・・。料理は凝っていておいしいけれど日本人には量が多め、味付けが濃いなど、典型的なフランス料理。
 さすがにワインリストは充実しており、グランヴァンの優良ビンテージからお手頃なものまで揃えているが値段的にはそれほどお買い得感はない。ここはひとつ有名どころではなく、氏のお勧めの無名ワインにトライすることをお勧めする。

サービス:★★★
料   理:★★
雰 囲 気:★★
コストパフォーマンス:★★★
予   算:ディナー100ユーロ(2002年11月)
 
名称 L'angle du Faubourg
ラングル・ドュ・フォブール
住所等 195, rue du Faubourg ST-Honere (メトロGeorge V から徒歩8分)
01-40-74-20-20
営業時間 12:00-14:30, 19:00-22:30
業態 レストラン
備考
 タイユバンのセカンド。雰囲気はフレンチ・モダンで本店とは違ってカジュアルな感じはするが、サービスはそれなりにしっかりしていおり、かえって本店よりも居心地はよいような気がする。料理もモダン・フレンチで若干軽めの味付けで、日本人にも合う。
 ワインは高級品は無いものの、さすがと思わせる趣味の良いセレクションで種類も200以上と豊富。コストパフォーマンスの良いものが揃っている。ちなみに私たちはグラン・ピュイ・ラコスト’98(ポイヤック・5級)をオーダー(90ユーロ)。「’98なんて若すぎない?」と女性ソムリエに聞いたところ、今でも充分楽しめるとのこと。期待通り若いながらも優雅なボルドースタイルを見事に表現したワインだった。日本人には行きやすいお店のひとつと言えそう。

サービス:★★★★
料   理:★★★
雰 囲 気:★★★
コストパフォーマンス:★★★★
予   算:ディナー100ユーロ(2002年11月)
 
名称 La Ferme de Chez Papa
ラ・フェルム・ドゥ・シェ・パパ
住所等 29 rue de l'Arcade (メトロMadeleine から徒歩5分)
01-42-65-43-68
営業時間 12:00-15:00, 19:00-1:00
業態 ビストロ
備考
 仏南西地方料理。人気らしくいつも賑わっている。隣席との間隔は狭く、ワインもハウスワインしかなく、典型的なパリのビストロ。料理は手頃な値段でおいしい。エスカルゴ料理でも数種類あるなど、名物らしい。フランスでは珍しく喫煙・禁煙が分かれている。

サービス:★★
料   理:★★★
雰 囲 気:★★
コストパフォーマンス:★★★
予   算:ランチ20ユーロ(2002年11月)
 
名称 Bistrot Beaubourg
ビストロ・ボーブル
住所等 25, rue Quincampox (ポンピドゥーセンターから徒歩5分)
01-42-77-48-02
営業時間 12:00-15:00, 19:00-1:00
業態 ビストロ
備考
 ちょっとごちゃごちゃした安めのビストロという雰囲気だが、しかし料理は手頃な値段で抜群においしい。いかにも家庭料理という感じだが、味付けも薄めで日本人の口には合う。まわりのビストロがからがらなのにここだけ混んでいるのも納得。ランチは5-7ユーロ程度。ポンピドゥーセンターにある国立近代美術館の帰りに寄ってランチというのがお勧め。もちろん高級ワインなどないので、カラフェ入りのハウスワインを気軽に楽しみたいもの。

サービス:★★★
料   理:★★★★
雰 囲 気:★★★
コストパフォーマンス:★★★★★
予   算:ランチ13ユーロ(2002年11月)
 
名称 Goumard
グマール
住所等 9, Rue Duphot
(メトロMadeleine駅から徒歩3分)
01-42-60-36-07
営業時間 12:15-14:15, 19:15-22:15
業態 高級レストラン(ミシュラン★)
備考
 ブルターニュ産魚介類中心の一流レストラン。オマールが絶品。料理は比較的薄味ながら古典的な料理法で量も多め。一流店なので二人で一皿のアントレをシェアするなどオーダーも自由自在なので、食欲に自信の無い方はシェアすることをお勧めする。サービスのレベルは高く、ギャルソンの感じも良い。英語も完璧にOK.。客層は地元の上品な中高年のカップルが多く、お客自身も実に落ち着いた上品な雰囲気をかもし出している。インテリアは魚をテーマにしたシックで上品なもの。そのうちテーブルにある魚の形をした銀製の花瓶は仏クリストフ社の特注品で、同社のお店にいけば私たちも買うことができる。トイレがとても綺麗で必見。
 ワインリストは品揃えは普通だが、値段は割と良心的。私たちはムルソー’98(ジョセフ・ドルーアン)のハーフをオーダー(45ユーロ)。ムルソーではあまり有名な造り手ではないので正直あまり期待していなかったのだが、バター系ソースによく合ってとても楽しめた。

サービス:★★★★★
料   理:★★★★
雰 囲 気:★★★★★
コストパフォーマンス:★★★
予   算:ディナー120ユーロ(2003年1月)
 
名称 Arpege
アルページュ
住所等 84, Rue de Varenne
(メトロVarenne駅から徒歩5分)
01-47-05-09-06
営業時間 12:00-14:30, 19:30-22:30
業態 高級レストラン(ミシュラン★★★)
備考
 ご存知アラン・パッサールの野菜料理中心のミシェラン三つ星レストラン。とは聞いていたが、野菜料理ばかりではなかった。 アントレは野菜だけの料理というのは1つしかないので、野菜中心という認識は誤解かと思う。確かに野菜は厳選されていておいしいが、味付けが日本人にはかなり濃い。ハーブもふんだんに使っているので嫌いな香草があると結構きついかも。量も多いので頼みすぎには要注意。
 三つ星レストランにありがちらしいが、とにかく観光客が多い。特に日本人が多く、小さい子供までいたのには・・・。サービスはさすが。誰に対しても手抜き無し。ただインテリアがカジュアルな感じであまり高級感は無い。値段はとにかく高い。ワインはグラスワインが充実していたのでシャンパンと赤白というようにオーダーしたのだが、それでもこの値段・・・。まあグラス・シャンパンがクリュッグでは下手なボトルワインより高いかも。ちなみにここのお勧めコースディナーは320ユーロ!もちろん一人分。

サービス:★★★★
料   理:★★
雰 囲 気:★★★
コストパフォーマンス:★★
予   算:ディナー150ユーロ(2003年1月)
 
名称 Les Muses
レ・ミューズ
住所等 1 Rue Scribe
(メトロOpera駅から徒歩3分)
01-44-71-24-26
営業時間 12:00-14:30, 19:30-22:00
業態 高級レストラン(ミシュラン★★)
備考
 今まで行ったパリのレストランの中では一番のお勧め。ランチはとにかくお得。44ユーロでこの料理、この雰囲気を日本で味わうのは難しいだろう。 豪華なインテリア、高級感漂うサービス、客層もきちんとした服装のフランス人ばかり。モダンフレンチをパリの雰囲気の中で満喫できる数少ないお店と言えよう。
 ホテル・スクリーブの地下にあるこのレストランは、シェフがヤニック・アレノ氏といって数々の賞を受賞している人。モダン・フレンチの若き担い手として期待されている。ランチはアミューズ、アントレ(2つから選択)、メイン(2つから選択)、デザート、コーヒー+小菓子、チョコレートと言ったところ。どの皿も盛り付けがきれいで量も日本人にも丁度良いサイズ、味もあまり濃くなくてとても美味しい。
 ワインリストはまずまずで、ボルドーのセカンドが充実していた。若くても楽しめコストパフォーマンスが良いためであろう。私たちはレオヴィル・ポワフェレのセカンド、ムラン・リッシュ’98のハーフをオーダー(40ユーロ)。サンジュリアンらしいバランスの良さが感じられて大満足。

サービス:★★★★
料   理:★★★★★
雰 囲 気:★★★★★
コストパフォーマンス:★★★★★
予   算:ランチ60ユーロ(2003年1月)
 
名称 L'Alsace
ラルザス
住所等 39,Avenue des Champs Elysees
(メトロGeorge V から徒歩2分)
01-53-93-97-00
営業時間 11:00頃から夜中まで
業態 ビストロ
備考
 観光のメッカ、シャンゼリゼ通りに面している気になる地方料理店。シャンゼリセを歩いていると必ず目に入ってしまうようなかわいい店作り。
 場所柄、観光客で一杯だが、その分気軽に入れるしスタッフも親切に案内してくれる。料理はアルザス地方のものばかりで、キッシュ、ソーセージ、シュークルートがやはりお勧め。サラダ類も豊富にあり、日本人の口にも合う。もちろんワインはアルザスのもが中心で、ここでは是非教科書どおりにキッシュやシュークルートとリースリングの相性を楽しみたい。グラスもあるので、様々なアルザスワインを飲み比べてみるのも悪くない。凝ったフランス料理ではなく普通のものを食べたい時にお勧め。

サービス:★★★
料   理:★★★
雰 囲 気:★★★
コストパフォーマンス:★★★
予   算:ランチ20ユーロ(2003年1月)
 
■住   所 渋谷区代々木 5-64-6
■電   話 03-3468-3471
■営業時間  ランチ 11:30 - 15:00 (日曜、祝日は16:00まで)
   カフェ 11:30 - 18:00
   ワインバー 18:00 - 22:30 (日曜、祝日は休み)
※季節によって変動する場合があります
■ 定 休 日 月曜日(祝日は営業)
※団体予約、貸切等の場合は営業いたしますので、
  お気軽にご相談くだださい。


TOPへ
dance@wine-cafe-dance.co.jp
Copyright (C) 2004 Dance. All Rights Reserved.